モフモフワールド《白柴の飼い主の写真館》

当ブログサイトは、愛犬以外の写真を公開していきます。

シベリアン・ハスキーに会いにゆく1

シベリアン・ハスキーしてますか?

 ロシアシベリア地方を主産地とする。外観からアラスカン・マラミュートと混同されるが、多くの面で異なる特徴を有する。シベリアからカナダ北極圏にかけてのツンドラ地帯を原産地とする、社会性に富んだ性格の大型犬種。進化系統上の祖先はスピッツのそれと同系とされている。極東北極圏を中心にトナカイ遊牧狩猟を行う「チュクチ族」に、古くから犬ぞりなどの牽引による人荷の運搬・狩猟補助などを行う用務犬として重用されてきた。シベリア地帯やアラスカ半島を訪れた探険家や毛皮交易を行う北米商人らがチュクチ族を含めてエスキモーのことを「ハスキー」と呼称していたことから、その用務犬として用いられていた当犬種もハスキーと呼ばれるようになった。見たいですね。「Hey Siri シベリアンハスキー」と呼びかけたら教えてくれましたww。

 

 私も今日に至るまではあまり馴染みのない犬種でした。私の家族は、いつも市役所などで里親を探している元野良犬や雑種犬ばかりでしたのであまり接点がありませんでした。ちなみに現在の愛犬の白柴は、私と独断で勝手に買って帰りましたwほんと勝手ですよね。家族は喜んでくれてよかったです…はじめはめっちゃ怒られましたがこれは内緒ですw。なぜなら、まだソラ君(雑種犬)という老犬がいたからですww。ソラ君はこの頃、ぐったりしてご飯も食べず、ぐったりしていたのですが、シロ君が来てからすごく元気になり、毎日何時間もシロ君と散歩に行くようになりました。人と同じなのでしょうか?若い子といると若くなった気がするって言いますよね?犬も同じなのでしょうか。しかし、その気力だけでは限られた時間しか持たないですよね。1年くらいたってから、ソラ君は散歩途中に倒れるようになりました。「大丈夫?」と駆け寄ると、何事もなかったように歩き出し、それから半年後ソラ君はなくなりました。

 

友人宅で撮影会実施

カワイイ!めっちゃ大きいですね。こんなに大きんだと感動!

 

何処かを見つめるw

f:id:esperanzalife:20200402150829j:image

 どこを見つめているのでしょうか?カメラマンこっちですよ??おーいww

 

なぁ~に
f:id:esperanzalife:20200402150819j:image

 カワイイこのび!私の愛犬と同じだってなりました。可愛いですよね

 

伸びの続きw
f:id:esperanzalife:20200402150909j:image

f:id:esperanzalife:20200402150759j:image

 かっこいい!

 

カメラ目線?いや…
f:id:esperanzalife:20200402150847j:image

 カメラ目線違うところを見てますね。でもカワイイ!!

 

変顔
f:id:esperanzalife:20200402150806j:image

 😜って、アザラシのベーってするのを思い出しましたww。

 

写真集
f:id:esperanzalife:20200402150731j:image

 


f:id:esperanzalife:20200402150741j:image

 


f:id:esperanzalife:20200402150838j:image

 


f:id:esperanzalife:20200402150855j:image

 


f:id:esperanzalife:20200402150750j:image

 

 いろいろな写真を友人宅で撮影させていただきました。

次は散歩編になります。

 

編集はほとんどせずとって出しになります。

 

今回の機材

カメラ
レンズ

 

 

広告

esperanza-life.com